次郎 また切開


溜まった粘液を切開して、絞り出す。

7.1kg → 6.4kg


絞り出せるネバネバ液は出したけれど、絞り出せない塊が大きくなっている。
ここ1か月で、先月の塊から倍以上になっていると思われる。

その塊は、首から右足脇からお腹にかけてある。
足は、そのせいで真っ直ぐにならずガニマタみたいになっている。
そのため足の踏ん張りがきかず、結果歩きずらいという感じだろうか。

画像

今では、もうベットから動くことはほとんどない。
動くのは、トイレぐらいか。

カリカリもほとんど食べておらず、強制給餌をしている。

あの温厚な次郎だけども、強制給餌は嫌らしく、シリンジを口に当てると、「ウゥゥーーー」という。
でも、ブシュと入れちゃうと、怒りながらも吐き出すことなく飲み込んでくれるのでありがたい。
給餌後も今のところ吐いたりもしていない。




"次郎 また切開" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント