次郎の事

2月9日 
腫瘍の減面積の手術を行う

4月18日 
溜まった粘液を切開して、絞りだす。 これが本当にドロドッロのねばねば粘液。
この日 900gほど取り出す。


この後なんだか、次郎少し元気がなくなる。
4月28日夜のカリカリ食べず。ベットからも動かない。
a/d缶を少し強制給餌すると、吐くことなく食べるが、その後もトイレ以外動かず、食べず。


いよいよ、癌が?っと、思ったけど、一応病院へ連れて行ったら、なんと熱があった。

癌のせいで熱か?とも、思ったけど、4月18日切開した傷から、黴菌が入って化膿してしまったようだ。
じわじわと粘液が出てきていて、傷がふさがるまで1週間ほどかかっている。
一応、消毒はしていたんだけど、ダメだったみたい。

再度タプタプしている、ところを切開したら、以前とは違うサラサラした物が出てきた。
おかげで、結構きれいに粘液出せたと思う。
700gぐらい出たかな。

これが、5月2日の事。

切開して、出すもの出して、抗生剤の注射をしてもらい、飲み薬も処方してもらった。
この日の夜は、自分からご飯ちょーだいと云ってきた!

やっぱり以前よりは元気ないけど、また動くようになった。
本当に良かった。

もしかして、熱ある? ん? って、思ってたのに、すぐに病院行かなくてごめんね。
大吉の事も気になって、次郎を後まわしにしてしまった。
癌だったら、何もすることないしと思ってしまった。
反省です。 本当にごめんね次郎。 

しかし手術したのが、2月なのに、いまだに毛がほとんど生えてきてません。
癌が栄養を摂ってしまっているのか・…


そして、今回また同じ場所に袋状のプヨプヨが・…
これが、また大きくなるのかな…・

心配事は絶えませんね。
でもみんなが少しでも、快適に暮らせるように手さぐりながら、頑張るよ。

一応、見栄えは良くないけど、記録の現状写真。
画像

画像

"次郎の事" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント