習志野猫のつづき

また、ズルしてさかのぼりブログです。

少し前に、捕獲のお手伝いをした 習志野置き去り猫のお手伝いを少しですが、またやってきました。

というのも、実はまだあのゴミ屋敷に猫が残っていたんです。
2階の窓から猫の姿を見ていて、捕獲器を仕掛けたりしていたんですが、なんとなんと競売にかかっている家の持ち主がどうやら夜に戻ってきているみたいで、捕獲器を壊されたり、姿が見えた窓にバリケードされちゃったり。
何かしたいんだか、さっぱりわかりませんが、とにかくまだ残っている子達を渡そうとしない、元飼い主。

それでも、家が売られて持ち主から正式にということにやっとやっとなって、その業者と連絡を取り、一緒に家に入ることと家の中の猫たちを捕まえて良いですよ。って、話になったんです。
で、その業者が入る日に、私も微力ながら捕獲のお手伝いに行った訳なんです。

で、結果からいうと、元飼い主が残っていた猫3匹を連れて行ったのか、それとも外に放したのかわかりませんが、家の中にはいませんでした・…

業者さんが、入った時に猫たちが居たことは、確認してるんですよね。
で、この日に業者が入って、家の荷物(ゴミ)を出すことも通知してるからな…
お金ないだろうし、置いていくかと思ったんだけど、こちらの言うとおりにするのが嫌だったのか、それとも自分に慣れている子を手放すのが惜しくなったのか・・・・
ほんと、何考えてるのか分からないーーーーーー

詳しくはこちらをご覧ください
  ↓
習志野置き去りねこブログ
http://okizarikko.exblog.jp/23981302/


で、猫を探すのに、最初に家に入らせてもらって、ゴミが凄すぎて、これじゃー隠れられたら分からんって、ことで業者さんにゴミだしをしてもらってーーって、やってました。
一緒にゴミを運んだりしていたわけです。
で、この清掃業者さん?の社長の感じが悪い事、悪い事。
部外者の私らには、一応ちゃんと敬語とかで、話してくるんですよ。でもね、一緒に仕事してる人たぶん日雇いみたいな感じなのかなーー年配のおじいちゃんがいたんですけどね。
なにやってんだー馬鹿! おまえ馬鹿だから、分からないんだよな。とか、まぁこんな感じで、怒鳴りまくりです。
聞いてるこっちも気分悪~でした。
指示も出さないでさ、何分かれってのさ。 急にこの現場に呼ばれた人だっているわけですよ。
それで、分かれってのが間違いなんだよね。


そんなこんなで、この日はなんの収穫もなく、臭くなっただけの一日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック